『小商いのはじめかた』

May 13, 2017   #book 

週末はできる限り伊勢崎に来ている。金曜日の夜に帰るものの、日曜日の昼頃には東京に向かうので、なんとなく物足りない。今日土曜日の朝は少しゆっくり寝て、皮膚科に向かった、車のラジオがニュースを伝えていた。

アメリカ大統領トランプのニュースから、全国の死亡事故まで幅広く伝えていて、人はいろんな死に方をするんだなと、普段テレビやラジオを聞かないためか、そんな感想を持った。この『小商いのはじめかた』を読んでいても、人はいろんな生き方をしているんだなという感想を持った。

読んでて驚いたのは一緒に仕事している人が出て来たこと。本にでてましたね!って聞いてみたら、後日談を教えてくれた。それぞれのこの小商いにも、それぞれ後日談があるんだろうなと。

本は何か事象を固定化し、人に伝えるが、その後世界は進んでいる。そのことが面白く作用することがたくさんある本の世界。そして、その発生瞬間に近い現場を目撃できた。立ち会ったと言ってもいいくらいかもしれない。