The End of this year

Jan 2, 2018  

アメリカに友達がいる(自慢)。同い年ぐらいでプログラマだ。数年前のカンファレンスで会い、今年日本に旅行にきたときに一緒にしゃぶしゃぶを食べた。あの薄い肉でお腹が足りたのか心配だった。

自宅から1番近いターミナル駅は渋谷駅だ。渋谷に向かう時、バスか歩きで行くことが多かったが、先日は電車に乗った。料金は安く、京王線の出口が一つ階段をおりたらすぐ路面で便利だった。

今年はアメリカの友達にホリデーカードを送った。代官山蔦屋で活版印刷のポストカードを買って郵便局に持っていった。年末の郵便局は列をなしていた。

2017年は東京にまた、引越した。渋谷駅の近くだが静かだ。いい場所を見つけた。少し狭いけど。

 2016年は三ヶ月だけだが、留学し英語を頑張ったが、今年は何もしなかった。仕事でも英語を使う機会がほぼなくなった。

カートボネガットの小説で、ニューススタンドに並ぶ話が印象的に出てくるシーンがある。いつか原作の英文で読んでみようと思っているが、いまだに家の本棚に眠っている。

2017年のはじめに、新しい家に引越して、近くの中古家具屋さんで古い本棚を買った。そこにはまだ読んでない本がたくさん並んでいる。読んだ本もならんでいる。

結婚してから自炊率が格段に上がった。外食の回数はめっぽう減り、お財布にも、健康にもよさそうだ。自分が作ることも妻が作ることもある。

一ヶ月に一回から二回、週末は東京から伊勢崎に帰って過ごした。移動時間がながく、2日の週末だと少し疲れが取れないことがある。場所を変えたことによって別の感覚をもてる。伊勢崎で過ごした時の記憶というのか場所ごとのモードをもう一つ日常的に持てる。東京で車を持てたら、もう少し楽になるかな。

料理は楽しい。その時の気持ちで、丁寧にできるか、どれくらい手をかけるか、材料は何があるか、できたものは美味しいか。

自転車によく乗った。自転車の空気がよく抜けるから、15,000円かけてタイヤを交換したら、すごく快適になった。東京で電車に乗る量が減ると別の街に感じる。

友達の結婚式にいく当日、布団から起き上がる時ピキと音がなり、首が回らなくなった。自分でスーツを着ることさえ出来ずにびっくりした。

母が骨折したらしい。伝聞であり、本当かどうかは定かではない。お見舞いに行くこともできておらず、それくらいこれは最近の事だ。電話ぐらいして、せめて一次情報に変えよう。(そのあと、電話をもらってすこしはなした)

4年ぶりに、会社の健診を受けた。心配していたが、特に何も見つからなかった。 8年ぶりに、メガネを新調した。

広島熊本にそれぞれ二回行った。どっちもいい街だった。広島は街に川が流れ、瀬戸内海に面してい手待ちが綺麗。熊本は阿蘇の方の自然と熊本城の大きさ。そして熊本は食べ物がおいしかった。辛子レンコンに、一本ぐるぐる巻き、熊本ラーメン。

東京のその家に、甥と姪が東京の家に遊びにきた。お母さんが恋しいとか寂しいとか一言も言わなかった。子供たちがこぞって楽しむ夏休みのお台場で、姉弟でセミを取り合っていた。

恵比寿のヨーロッパ風飲茶屋で、大学の先輩に会った。デザイナだったはずが、今は機械学習もしているそう。刺激になった。

昔よく遊んでいた先輩と最近またよく会うようになってきた。うれしい。CoCo壱に行ってトッピングを三つして新しい味を発見するという企画を年末にやった。クリスマスの当日だったので、償いとばかりに嫁にレンジでちんする湯たんぽを買って行った。よく使っている。

という区切りの発明は偉大だ。何も特に終わってないけど、まとまった気がした。